今の会社の給料は確かに少ないですから、一人暮らしを始めてしまうと途端にピンチに陥ってしまうのは間違いがないでしょう。
1人で生活したいという気持ちは大学生の頃から持っていて、ずっと憧れだったのです。
大学は何とか自分の家から通えるような距離だったけど、かなり時間がかかるので一人暮らしを申し出てみたのです。
ところがそんなお金はないと言われてしまって、あっさり却下されてしまいました。
長い距離を電車移動するのが本当にめんどくさくて、帰りも遅くなっちゃうし嫌な気分でした。
それにうちの親はとっても五月蝿く言ってくるから、口論も絶えない状態だったのです。
そんな親がうっとうしいなぁって気持ちで、息が詰まるような生活を続けていたのでした。
社会人になったら絶対1人で生活をと思ったけれど、就職した先の給料が安い、これで一人暮らしの夢が壊れてしまったって感じです。
それでも親の元を離れたい気持ちを強く持っていて、資金をちょっとずつ貯めるようにはしています。
しかし給料が安いために、それもうまくいかず、やっぱり副業とか考えなければいけないのかなと思っていました。
一人暮らしのための資金を確保する方法はないか、毎日のように頭を使ってはいるものの、アイディアを思いつくことがなかったのです。
こんな状況の私に、とんでもない方法を教えてくれたのが同僚でした。
その日食事の誘いがあったけど、金欠でしたからお断りをしたのです。
ところが奢るからとしきりに言ってくるので、ついて行くことにしたのでした。
私と同じ給料を貰っている人なのに、何でそんなに羽振りがいいのかなと、とっても不思議でした。
その理由を聞いて驚愕してしまったのです。

彼女愛人契約して、パパからたくさんのお小遣いをもらっていると言う事を教えてくれたのです。
しかも、彼女が話すにはセックスなしでお小遣い稼ぎをしていると言うのです。